作品

らせんの映像祭

らせんの映像祭

どなたでも楽しめるアニメー ションやメディアアートの展 示とパフォーマンス、現代美 術の映像作品の上映がありま す。子ども向けアニメーショ ンワークショップも開催。 


https://note.com/zushi_art_film/

​開催情報

開催 :

2021年12月3日(金) - 12月5日(日)

​時間:

調整中

​開催地:

逗子文化プラザ さざなみホール、市民交流センター フェスティバルパーク

​料金:

調整中

​予約:

調整中

​住所:

神奈川県逗子市逗子4-2-10(文化プラザ) 、逗子4-2-11(交流センター)

アクセス:

京浜急行「逗子・葉山」駅より徒歩2分/ JR 「逗子」駅より徒歩5分

らせんの映像祭

仲本 拡史

1986年8月19日、横浜生まれ。映像作家。東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。東京造形大学在学中に西イングランド大学に交換留学し、現代美術を学ぶ。ホテルなどの人工的な空間に、カニやヤドカリなどの動物を持ち込み、動物と自己、カメラのの3者の関係を緊張感を持って描く「動物SF」シリーズは、ベルリン映画祭やWROメディアアートビエンナーレなど、各国の映画祭や芸術祭で上映、展示される。2018年より神奈川県逗子市に居を移し、映像表現のレクチャー、ワークショップ、上映などの活動を行う団体、逗子アートフィルムを立ち上げる。関東学院大学非常勤講師。