逗子のまちとアートを考える”ドクメンタ壮行会”

2022年3月14日

by

ZAN広報

トモイクフェスティバル2022

逗子海岸映画祭を主催し、逗子アートフェスティバル2020年の上映作品「Play with the Earth」を手掛けたCINEMA CARAVAN(シネマ・キャラバン)が「CINEMA CARAVAN AND TAKASHI KURIBAYASHI」としてドイツの都市カッセルで開催される世界最大の現代美術展「documenta fifteen(ドクメンタ15)」に日本で唯一招待されました。

逗子海岸映画祭、逗子アートフェスティバルといった市民活動を通じて、地域アートフェスの新しいロールモデルを実現してきました。今回はCINEMA CARAVANの運営者、逗子アートフェスティバル2020総合プロデューサーをお招きして、まちの持続可能性と地域のアートとコミュニティーについて話し合います。


当日来場または生配信にてご覧ください。ご予約は以下のURLより。

https://zushiart2022.peatix.com/?utm_medium=web&utm_source=results&utm_medium=%3A%3A%3A0%3A3138777&utm_campaign=search


2022年3月20日(日)16:30~18:30 逗子文化プラザさざなみホール

トモイクフェスティバル2022内のイベントです。