しょうちゃんの夢鉄

「しょうちゃんの夢鉄」おもちゃのプラレールは発売以来多くの子供たちに遊ばれ60年以上経ち、ご家庭に取り残されたままになっていることもありました。それらの車両を整備・再生し、さらに新たなペイント表現や、再生プラスチック(PPP)や段ボールなどでの造形表現、また動力系に手を加えて、特製のロングレールの上を元気に走ります。発売当初のものや限定販売の貴重なプラレールも、しょうちゃんやみんなの夢を乗せて走ります。
10月16日(日)は同時開催で「消しゴムハンコでランチクロス」ワークショップもございます。 たくさんの消しゴムハンコを使って、たくさんのインクで、40×40cmのクロスを作ります。 創作小物の販売もあります。(参加費500円)

タイトル しょうちゃんの夢鉄
開催 2022年10月16日(日)、11月3日(木・祝)
時間 10時~15時 (少雨決行)
開催地 明治安田生命駐車場
料金 無料
※10月16日(日)「消しゴムハンコでランチクロス」ワークショップの参加費500円
予約 不要
住所 池田通り明治安田生命 駐車場 逗子市逗子1-8-17
アクセス 逗子駅から260m、 逗子・葉山駅から350m

池田通り明治安田生命 駐車場

sho_chan_300300
Artist: 庄野紀明(しょうちゃん)
飛行機整備士がおもちゃのクリエイター
研究者になった訳。日本や海外の優れたおもちゃを手にとったり、おもちゃに関わる人たちとの交流の中で、おもちゃの「人を育み育てる力」を認識。さらに各地のおもちゃ関連施設を巡り、歴史的背景も知ることができました。
その結果デザイン、色彩、動き、UD性を考慮しておもちゃの創作をしています。
Artist:Sayuri's さゆり高橋
ハートフルなオリジナル小物、天然石のアクセサリー、消しゴムハンコのワークショップを行っています。


アート夢ひろば


おもちゃクリエイター・しょうちゃんの夢鉄(アートに変身したプラレール。)/ 砂絵アーティスト・宮地さんの砂絵ワークショップ(78色の色砂を使って描くハガキサイズの砂絵ワークショップ。)/ ひいろ工房さんのフェルト人形ワークショップ(初めての羊毛フェルトワークショップ。約1時間で、まん丸動物を作ります。) /服飾デザイナーの元気なおばあさん・矢部さんのこども侍ワークショップ(自分の家紋を作ってサムライになろう。)/KINOさんの手廻しオルガン演奏(23日のみ)(ハンドルを廻すと楽しい曲が流れる手廻しオルガン。体験もあります。)/ Sayuri'sさんの「消しゴムハンコでランチクロス」ワークショップ、たくさんの消しゴムハンコを使って、たくさんのインクで、40 x 40cmのクロスを作ります。その他創作小物の販売もあります。(23日のみ)

タイトル アート夢ひろば
開催 2022年10月22日(土)、23日(日) 
22日雨天中止、23日雨天時は市民交流センター第1会議室にて開催
時間 10:00 - 16:00
手廻しオルガン 23日11時 - /13時 - /15時 - (各20分)
演奏終了後子どもたちの体験が約20分
開催地 逗子文化センター市民交流センター
フェスティバルパーク
料金 無料 (ワークショップ 500円)
予約 不要
住所 神奈川県逗子市逗子4-2-10
アクセス 京浜急行「逗子・葉山」駅より徒歩2分/ JR 「逗子」駅より徒歩5分

逗子文化センター市民交流センター フェスティバルパーク

Workshop参加アーティスト
庄野紀明(しょうちゃん)
《出店経歴》
2003.01 MUTSURAおもちゃ研究所設立/2004~横浜ラポールの各種イベントに参加(光のおもちゃ展、ラポールの祭典、横浜ヒューマンテクノランドなど)/2005~2015海の公園みんなのおもちゃ展(毎月開催)/2005.09 創作おもちゃフェスティバルin清里清泉寮/2015.12 miniおもちゃ展ルンビニーわらべ園・文庫/2009.09 ワクドキおもちゃプロジェクト(横浜開港博Y150ヒルサイド会場)/2011.09~ 金沢文庫芸術祭/逗子かみの市&逗子のマルシェ/2011.11アートdeつながるショップ×3・栄区/2013.03~ 逗子こどもフェスティバル(現トモイクフェスティバル)/2014.08 瀬戸マルシェ・文庫/2015.05~ 丹沢アートフェスティバル(小田原すどう美術館・秦野イオンモールなど)/2015~ おもちゃ箱フォーラム(京都・東京)/2016~ 黄金町のきさきアートフェア/2018.11~ クラフトマーケット追浜/2019.03 春いろフェスタ(伊勢原)/2019~ 八景島シーパラダイス各種イベント/2020.10 アートなおもちゃ展(文庫アサバアートスクエア・逗子カルティエG)/2021.10 逗子アートフェスティバル     


宮地淳子
砂絵作家/玉川大学美術専攻金工卒
2000年から砂絵を始める。国内外美術展に参加、受賞多数、子ども向けワークショップは2002年から


ひいろ工房
陽色工房/自分がやりたい事は何?と思っているときに手芸としての羊毛フェルト人形に出会い、その魅力に惹かれ、羊毛フェルト作家になってゆきました。リアルなもの、ゆるキャラ、カワイイものなど、制作、販売、ワークショップをしています。


手廻しオルガンKINO/紀あさ
函館の工房で誕生した手まわしオルガンはその音色と共にからくり人形や紙芝居など遊び心溢れています。
2012年ハコダテ・トリエンナーレでのお披露目以来、横浜黄金町や野毛、二子玉川ビエンナーレ、はこだて国際民族芸術祭、仙川人形演劇祭など出演多数。様々なシーンで、音と物語を奏で、風景をつくっています。


Sayuri's さゆり高橋
「消しゴムハンコでランチクロス」ワークショップ、たくさんの消しゴムハンコを使って、たくさんのインクで、40×40cmのクロスを作ります。その他創作小物の販売もあります。(23日のみ)